タロット趣味のきっかけのおはなし

ご無沙汰しております、寿です。

仕事か寝るかの毎日にネタが枯渇しているので、この機会になぜ急にタロット占いが趣味だなんて言い出したのかについて書かせて頂こうかと思います。実のところ本格的にタロット占いについて勉強し始めたのは昨年末からでした。

元々ゲームや漫画作品を通じてタロットカードというものに興味があり、学生時代に本屋さんで購入した大アルカナだけのデッキを持っておりました。しかし当時はオシャレで格好いいから〜といったそんな興味本位程度のものでしかなく、あまりにも知識不足だった為にすぐに飽きてしまうのでした。

付属の本を読みながらやってもいまいち扱い方が分からず、ましてや大アルカナの他にも小アルカナというのがあって、しかも凄い枚数があるとは知らず結局は本棚にしまったままその存在を忘れてしまっていたのです。

そんなこんなで学生時代に撒いた一粒の種が何年もして去年末になって不意に芽が出てくることとなりました。きっかけは偶然YouTubeで見掛けたタロットのリーディング(占い)動画でした。

大衆向けに行なっているのに不思議と選んだ選択肢の結果は自分の現状をよく表しているという偶然の一致とは言い切れない力に魅力を感じ、自分の部屋の本棚にしまっていたカードのことを思い出したのです。

本棚のどこにしまったのかすらも忘れてようやく見つけたタロットデッキ、調べたやり方を実践し引いた1枚は『16:塔(ⅩⅥ:tower)』のカードでした。探している最中、棚板が外れて指を怪我していた私には予期せぬ災難を表すこのカードが出てきたことに非常に興奮しました。

カードに描かれている落雷はこのシンクロニシティによって私が受けた衝撃(感動)を表していたのかもしれないと今は解釈しております。これを切っ掛けに本格的にタロットについて学びはじめ、現在は少しずつではありますがリーディング記事を掲載させていただいております。

今後は毎日更新の占いコンテンツも作りたく現在計画中です。また、タロットに触れていく間に作りたいアート作品も沢山浮かんでくるようになってきたので長いこと活動を休止しておりましたが、またいずれアート作品の制作と発表が出来るようにしていきたいとも思っております。

ということで今回はこれにて。

それではまた次の記事でお会いしましょう、寿でした。

 

 

▶︎ 活動を応援する ◀︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です